1. HOME
  2.  » Whois情報公開代行とは?

Whois情報公開代行とは?

Whois情報公開代行は必ず知っておこう!

ドメインというのはドメイン取得者が自分の正確な情報きちんと記入しておく義務があります。ウソの情報はいけません。ウソの情報はドメインの移管時に問題が出たり、偽名や偽住所はとらぶるになることもあります。
連絡先がウソの内容というのも良いことはありません。

ただ、ドメイン情報を正確に記入しても不安はありますよね。なぜなら、Whois情報というのはネット上で調べれば誰でもすぐにわかるからです。簡単に言うと個人情報ダダ漏れってことです。

それをドメイン取得会社が個人情報の代わりにドメイン会社名の情報を掲載して個人情報漏えいを防ぐシステムがWhois情報公開代行なのです。これをしていないと、見知らぬメールが来るようになったり、身に覚えのないところからスパムメールが来るようになることもあります。

そのため、理由が無い限りはこのWhois情報公開代行は必ず利用しておきたいところです。各ドメイン会社にWhois情報公開代行のシステムがありますので、きちんと個人情報が保護されているかチェックしておきましょう。

たいていは無料で設定でき、何度でも設定解除も無料で何度でもWhois情報公開代行が利用できます。

ドメイン移管のときはWhois情報公開を自分の情報にしておかなければ移管することができせん。また、その情報が不正確だった場合にも移管処理が正常に行われません。

こういったときにはWhois情報公開代行を開所する必要はありますが、通常はWhois情報公開代行を利用しておくべきでしょう。